お知らせ訪問看護・リハビリ

2021年夏 改訂版COVID-19感染対策をお知らせします。

2021.07.16

HOME > お知らせ > 2021年夏 改訂版COVID-19感染対策をお知らせします。

令和3年7月15日

ご利用者様・ご家族及び関係機関の皆様
新たな新型コロナウイルス感染症対策のお知らせとお願い

訪問看護ステーション ソラウミをご利用頂き有難うございます。皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症拡大の防止対策についてご心配されていることと存じます。コロナウイルス感染症疑い・陽性者への対応については以下の通りです。また、当事業所では感染に対する標準的な予防策に加え、以下の内容を実施致しております。何卒、ご理解、ご協力いただけますようお願い致します。

<訪問看護利用者とご家族のコロナウイルス感染症疑い・陽性者>
感染疑い→PCR検査を受けていただき、感染対策を行い訪問する。
陽性者→主治医が在宅療養可能と判断したら防護措置を行い、1人の職員が専属で訪問する。
※訪問にあたっては、利用者とご家族のご意向に沿わせていただきます。

<訪問職員の対策>
・出勤前に体温37.0℃以上か風邪様症状があれば訪問を控える。
・勤務中に上記に該当すれば訪問を控える。
・訪問1人毎に手洗い・手指消毒をする。
・訪問時にお互いが直接触れないようエプロンやスリッパなどを使う。
・飛沫が出やすいケアは、手袋、フェイスシールド、ガウン等を付ける。
…………………………………………………………………………………………………………

<訪問職員・利用者とご家族共通の対策>
※濃厚接触を避ける!(濃厚接触=マスクなしで15 分以上接近)
・家を出たら、マスク装着、建物の移動毎に手洗い・手指消毒をする。
・家に同居者以外が来たら、双方マスクをする。
・同居者以外との会食は1時間以内とし、声を出す人はマスクを付けて話す。箸や皿は共有しない。
・同居者以外が家で食事する時は、部屋を分けるか時間をずらす。
・同居者以外が滞在中は、2週間マスク、寝起きする部屋と食事を分ける。
・同居者が県外に赴いても濃厚接触回避行動が守れたら上記対処は不要。
・緊急事態宣言や蔓延防止措置中の流行地への不要不急の外出を避ける。
…………………………………………………………………………………………………………
<利用者とご家族に協力して欲しい対策>
・訪問前に体調不良(平熱より1.0℃高い)があれば、事前連絡してもらう。
・安全に捨てられる訪問看護のゴミは、利用者宅で廃棄する。

全ての皆様の安全と感染拡大防止のため、以上宜しくお願い申し上げます。

訪問看護ステーション ソラウミ